ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

What I who is barely 22 years old want to say to the older people

全国のおじさま・おばさまへ
私は若いことを誇りに思っていて、若いからこそのエナジーや猪突猛進感を大いに活用して突き進んでいるつもりです。22歳で誰よりも成熟した考え方をもったり、それを実際に行動に移したり、ということは期待もしていないですし、実際に早く世間を知りたいと思ったところで、急に明日わかるようになるわけではありません。みなさんが、今まで時間がかかったように、私にも時間が必要で、もしかしたら20年後、「ああ、あの頃は若くて失敗ばかりしていたな」と思い返して後悔するかもしれません。でもそれが悪いことだとは思っていません。人間誰しも間違いがあって、そこから学んで、生意気な時期を乗り越えて、自然と八方美人になれるようになるんだと思います。私はまだ、学びの途中で、急ぐ必要も感じていません。ゆっくりじっくり時間をかけて、少しずつ大人に近づけば良いと思うのです。だから、急かしたり、誰でもわかってるようなことをあえて言わなくても、わかっているので安心してください。みなさんが思っているほど私たち20代前半、特に就職前の学生は、バカじゃない。ただふざけて笑ってるだけじゃなくて、ちゃんと世間を見て成長しています。いちいち言葉で言われるよりも自分で体験した方が説得力があるということは、きっとご自身も感じてきたことでしょう。
 
Dear all older people who are like twice as old as me,
 
I'm proud of myself being a young girl who might be silly, just like you are proud of yourself being old enough to critically see the world. I have distinct energy and courage to make mistakes, but learn new things at the same time. I'm not expecting myself to be really matured in my 22nd year of life (which is probably like 20% of my life still) and to act like a real adult. I wish I could, but you know we can't be matured by tomorrow no matter how much we try. Maybe we might regret what we did in the future when we' re like 40th but I don't think it's truly bad. Everybody makes mistakes, and everybody has a little time when they are insanely rude, but we will eventually learn how we want other people to see us. I myself am still in the process of learning, and not necessarily in rush. I think it's ok to take time just like my older friends did. Therefore, please do not push me in rush. Please do not tell me off because I've probably noticed what you might say it's good or bad, but I just need time to process. I am NOT that stupid as you might think of me or young generations especially new graduates. You probably know more than me how that feels: no matter what we hear, it doesn't really change us. What can cause us to change is just experiencing.
 
Warm regards,
Moemi