ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

新卒採用は恩恵というミステリー

 

こんにちは。もえみんです。

 

最近ずっと考えていて頭から離れないのが、就活のことです。

なんとか、生活の足しになるように仕事が続けられるようになり、その仕事内容でも妥協はせずにいれるので、なんとかquality lifeを送っています。

 

 

自分は海外で就職したいなと思っているのですが、

(何でかっていうのはまた面白いトピックなのでまた今度改めて書きます。)

日本語の教員をやらせてもらっているところの日本人ボスに、

 

「いや〜夢を壊しちゃ悪いけどね、

新卒採用の恩恵は絶対受けておいたほうがいいよ!

 

やっぱり大卒すぐにこっちに来ちゃった子と、

2〜3年日本で働いていた子だったら、

絶対後者のほうが仕事できるようになる!私もそうだったもん!」

 

って言われました。

 

「やっぱそうですよね〜〜〜」

と、その時はすごく納得したのですが、

よく考えていたら、

新卒採用って「恩恵」なのか?と思い始めました。

 

そもそも"シンソツサイヨウ"ッテナニ?

 

っていうところから始まるので、調べました。

 

新卒採用とは、正社員としての就業経験を持っていない、
学校を卒業したばかりの学生を採用することを言います。

新卒採用中途採用とは異なり、
仕事への適性・素養を見極める採用が主となります。

企業側のメリットとしては、働き手の職業観を一から育てることができるため、定着率が高くなる、企業理念を浸透させやすい、人件費も比較的安いなどが挙げられます。

(転職.jp より)

 

それから、新卒採用.jpでは、新卒採用のメリット(会社側)に関して

  1. 均質な若年労働力の確保
  2. コア人材・リーダー候補の確保
  3. 組織の活性化・強化
  4. 企業文化の継承
  5. コスト削減 兼企業広報

をあげています。

 

中でも面白いな〜と思ったのは、

将来、企業の中核を担い、経営の中心となるような優秀層の人材を中途採用で獲得することは非常に難しい。」という概念(?)。

 

というか、日本での就職に限ることだから海外はどう〜とか比較できないけど、日本人はそういえば一生同じ会社に勤めるのが普通ですよね。

 

それから、組織の強化は、縦意識の強い日本らしい感覚かなと思います。

 

横の強化と、縦横の差をできるだけ減らすことで、縦関係の連携・部門間の連携がスムーズにいくということです。

 

新卒で採用された私たちにはどんな美味しい話が待っているのよ。

  • 機会均等
  • トレーニングが受けられる

 

面白いことに、「新卒採用 学生 メリット」とググっても該当項目が少ないんです。笑

 

でも、海外で仕事を探すとなると、関連する学問を修了したという証拠と、インターン経験等がないと基本的に門前払いです。

 

英語で履歴書を書いたことがある人はわかると思いますが、

Refereeと言って、推薦人/保証人が少なくとも2人必要です。

 

そのため、ある程度興味のあるフィールド内でコミュニティを作って、

どんどん中に入っていき、自分のポテンシャルを見せつけていく必要があります。

 

それが何を意味するかというと、職場でトレーニングがある場合、基本的に給料は発生しません。

 

特にニュージーランドは小さな国なので、小さな個人営業(日本でいう零細企業)が散らばって成り立っています。

なので、そのような企業でまとまった人数の人材を確保することはもちろん、教育している時間もお金もありません。

 

こっちでは、大学卒業してから1年くらいは無職で、ボランティアやインターンをやりながら就活する人がほとんどです。

 

でも、どんなに周りよりできてもお給料のスタートラインは同じだし、

基本的にみんな同じくらいのペースで昇給するし、

初任の1年〜2年はナメラレまくってめっちゃツライって聞いたし、

お茶出しとか、そういう全然関係ない仕事をやらされてたら

なんのために社会に存在してるのかわかんないし、

「安定」って以外なんの恩恵でもないと思います。

 

でも、金銭的に無職は無理・・・。

 

いろいろ考えたけど、卒業してからすぐにこっちに帰ってくるとして、ちょっとの間無職というのは無理です。

 

VISAを取るだけでも、50万円くらいの残高証明書がなければいけないし、

1年オークランドに住んだら家賃だけで75万円くらいかかる。

食費とかいろいろ考えても、少なくとも100万円は貯蓄がないと帰ってこれません。

 

100万円あったら・・・奨学金の何分の一かは返せる・・・。

 

新卒採用が学生にとってメリットなのかどうかはさておき、

安定な人生を送れるかと思います。

 

実際、「やりたいこと」をやりたいなら、

こっちの大学に言って、

アルバイトとか実習とかして、

そこからまた仕事を探す。

というのが手っ取り早いようです。

 

お金と安定 vs やりたいことをやりとげるということ/人との競争

 

別になんでも良いからやり甲斐があって、お金が欲しいんであれば、

日本での新卒採用は恩恵になると思います。

 

でも、やりたいことを自分のやりたいやり方でやりたい人にとっては、

企業文化とか「何それ、おいしいの?」っていう感じになっちゃいますよね。

 

みんなで同じことをしてたら成長しないし、

つまんないし。

 

っていうか、企業は高校のメイドカフェみたいな仲良しごっこじゃないので、実力主義で稼ぐ人は稼ぐし、稼げない人は稼げない、という資本主義的な考え方が根本としてあるべきだと思います。

 

ということで、次のトピックはは「人生に何を求めるか」ですね。

人生のほとんどの時間を仕事して過ごすので、ちゃんと考えたいです。

また人生についてちゃんとまとまったら書きます。

 

さようなら。

 

留学関係のコラム 新しく掲載されました。

併せてお読みください。

schoolwith.me