ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

ちょっとした時に使う言葉

 

こんにちは〜。もえみんです〜・

 

7ヶ月以上ニュージーランドに住んでいますが、

さすがに「反応」する時、日本語で言ってしまうことに気がつきました笑

 

例えば、こっちの水道、お湯の温度決められないので、

手を洗っていたらめっちゃ熱いお湯が途中から出てきたっ

なんてことがしょっちゅうあります。

 

そんな時、「あつっ」とか「あっち」とか

未だに言ってます笑

 

2年前くらいにスラングの勉強を大学の授業でしました。

ネイティブの先生が、「よくとっさに熱いって表現できるよね」

って笑ってたのを覚えています。

 

英語では、

"dude!!"とか"ouch!!"とか”woops"とか

って言います。

 

でも、ノンネイティブの人、多分なんて表現するのかわからないんでしょう、

とっさに、"fuck"とか"shit"とか言ってるのをよく聞きます。

 

水が熱すぎて、火傷してしまうような時、

小指をタンスの角にぶつけた時、

そういう本当に痛みを生じたり

本当に辛い時に使う言葉なので、

できるだけ使うのは避けるのが無難です。

 

例えば、最後のちょっとだけ残ったマヨネーズをチューブ側に寄せようとしたら蓋するの忘れて飛び散っちゃったとか、そういったどうでもいいことには使いません。

 

周りにクリスチャンの子がいたら、もうその子とはお友達になれないでしょう。

 

woopsは人とぶつかりそうだったとき、

物を落としちゃったとき、

などなど色々な場面での「反応」に使えるので、

覚えておきましょう。

 

ちなみにFuckは"F words"と誰かがこう言ってたという場合にも省略するか実際に発声しないで口パクで表現されます。

 

例えば、あの人がファックって言ってた。と言うには、

"S/he was using F words"/"S/he was saying like F***" (***は発音しない)

と表現します。

 

また、bitchやdickも使いません。

あの人にビッチって言われた。と言う時は、

"S/he has sweared on me"と表現します。

 

 

じゃあ悪口はどうやっていうの?

 

例えば、

 

"s/he was fucking complaining about everything like shit."

と彼氏が言ったとします。

直訳は、

「あいつクソみたいに何でもかんでも文句言っててまじ死ね。」

みたいな響きになると思います。

そんな人とお付き合いしたくないですよね。

 

"Fuck off man"と酔っ払った女の子が言ってるのを聞くかもしれませんが、

「くたばれ」という意味です。

 

この前フラットメイトの男の子が、

かぼちゃを切っていて一欠片床に落としちゃった時に

fucking shitって言ってましたが、

私からしたら"just a piece of pumpkin!!!! it's not gonna harm you!?"

って感じです。

 

さて、悪口を言うとき、どうやって表現したら良いと思いますか?

 

例えば、

 

"I've got a cold..."(風邪ひいちゃった)

"shit" → "oh no that's not good at all...!"

 

"I've got two lectures a week starting at 8 in the mornings this semester ..."

(今期週2回も朝8時から始まる授業があるんだ。)

"Fucking timetable!" → "oh that's bad..."

 

"I broke up with my boy/girlfriend"

(彼と別れたの)

"Fuck him off." → ”oh I'm sorry to hear about that... S/ge just doesn't deserve you."

 

スマホを落としたとき

"oh SHIT!" → "oh my goodnesss"/"Goodness"/"Jees/Jesus!"

キリスト教イエス・キリストにお祈りするのが起源です)

 

※"Oh My God"は使いません。

 

"S/he just came up and said 'do you have a girl/boyfriend?"

(あの人私んとこ来て、何かと思ったら「彼氏いる?」だって。)

 

"Fuck off"→ "Oh my gosh lol"(笑いながら)

"haha such an idiot/stupid guy/lady!"/"wierd dough!"

 

※なんでdoughって言うとかはわかりません笑

 

その他、クラスの友達のやる気がなさすぎてまとまりがない時とかは、

"It's just a disaster..."とかっても表現できます笑

 

 

まとめ

 

fuckやshitって極端だからこそいろんな場面で使えて

ノンネイティブの人にとっては便利ですよね。

 

でも思っている以上に人に嫌な思いをさせてしまうので、

ボキャブラリーを増やすと思っていろんな悪口を

自分で作ってみたら以外と面白いです。

 

特にdisasterは好評でした笑

 

FuckやShitはできるだけ使わないようにしましょう!というメッセージでした!