読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

自殺予防の日

 

こんにちは〜もえみんです〜

なんだか荒れると思っていた天気がいっぺん、

晴天です〜!yay!

 

昨日書いた、ミス・ワールドに関する英文記事の読者数が60人を超えてびっくりしています・・・。(普段は英文記事だと10人以下、知り合いにしか読まれない)

かなりタッチーな話題なので、大学1年生の時の英語の担当の先生から

"Just because your friends have never been bullied, doesn't mean all of them have not. I don't agree with it."

(君の友達がいじめを受けたことがないからって、みんながそうじゃないとは限らないよ。君の意見には賛成できない。)

というコメントをいただきました。

 

私の意見は、

"So vice versa."

(その逆も同じね。)

 

なにが言いたいって、世界の面前で

「日本人はracists」的なことを言っている人に

日本人美女代表として舞台に立って欲しくないです。

私の周りの人はそんな人ばかりじゃなかったです。

うちの両親は結構人種差別的だけど、

(一度も他の国に行ったことないし

メディアリテラシーの欠片もない)

でも、世代は変わってきていると思います。

 

ただ単に「私はいじめられてきた」って

悪いところを唱っている人より、

「私はこうやって解決してきた」って言ってる

私の友達の方がずっと強くて、美しいと思います。

 

それに、いじめを受けているのはハーフだけじゃないです。

両親ともに日本人の私だって、からかわれることもありました。

(いじめと言えるほど酷くないけど)

 

さて、今日は「自殺予防デー」です。

 

毎年、日本もニュージーランドも約0.01%の人口を自殺によって失っています。

0.01って少ないように思えますよね。

でも、1日あたりで計算すると

65人の人が日本で

1人がニュージーランド

自分で自分の命を絶っています。

 

ニュースハブは今朝、500人以上のニュージーランド人が去年自殺でなくなったと報道しました。

日本では去年2万4千人以上です。

 

日本財団は自殺に関する 10の事実 を7日に発表しました。

それによると、4人に1人が自殺を考えたことがある、

5人に1人が自殺により近親者を無くしたことがあるとかいとうしました。

 

自殺を思いとどまった理由で一番多かったのが

「家族や恋人が悲しむから」(28%)。

一方で自殺を考える原因としてあげられたのは、

女性:家庭内暴力、子育て、家庭不仲、うつ

男性:離婚、破局、事業不振、無職、アルコール依存 です。

また、 両性共に多かった回答は、

被虐待、いじめ、貧困、薬物依存 です。

 

もし周りに、自殺を考えていそうな人がいたら、

彼・彼女が価値のある人間だということ、

社会的問題解決に関するアドバイス、

そしてあなたがその人たちの状況を理解できる

という姿勢を示してあげましょう。

 

もし、あなた自身が自殺を考えているなら、

助けを求めてください。

0120 279 338 は24時間年中無休であなたの電話を待っています。

また、東日本大震災で被災した方には特別なライフラインがあります。

0120 279 226

 

もしニュージーランドに住んでいる方は、

Lifeline :0800 543 354

または、

the Suicide prevention helpline: 0508 828 865

に電話してください。

24時間無料です。

 

大学に通っている人は、

無料でカンセリングが受けられるはずです。

それと、日本で保険に加入しているなら

かならず保険が診断料をカバーしてくれますし、

電話でのフリーカウンセリングが現地の電話番号から受けられます。

(国際通信料なし)

 

 

参考

 

 英文記事

moeminn814kuis.blogspot.co.nz

*内容同じです