読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

マイノリティーであること

こんにちは〜もえみんですよ〜

今日もオークランドは風が強いですが、太陽が出ています!yay!

 

さて、最近日本では、ミス・ワールドが選ばれて話題になっているようですね。

今年の代表もハーフの子が選ばれたとThe Japan Timesのニュースで知りました。

 

みなさんはどう思いますか?

 

f:id:moEmiHaena814:20160909132712j:plain

 

なんだか、「日本人っぽくない」って言われているのを聞くと可哀相に思いますが、逆に「ハーフだからって偏見的な目で見るのはおかしい」って言っている人を見ると偽善か、と思ってしまいます。見た目が違うのは事実だし、誰にも変えられないですよね。

 

個人的な意見ですが、ハーフが選ばれることは別になんとも思いません。

プリアンカちゃん(馴れ馴れしい)キレイだし。

でも、日本の文化的美しさを持っているとは言えないです。

 

「キレイ」「美しい」って何を持って言うのでしょう?

ミスユニバースって確か、内面の美しさも審査の対象になっていると思います。

 

私が、プリアンカちゃんは日本を代表するべきではないと思う理由の一つに、

「日本の悪い部分を晒している」というのがあります。

去年のアリアナちゃんがかなり話題を呼んでくれたので、

海外のメディアからの取材が多いようですが、

「肌の色が理由でいじめを受けてきた。だから強くなれた。」

と話しています。

うーん・・・どうやって強くなったんかな?

ただ我慢しただけなのか、

文化的に日本人になろうって努力したのか、

はっきりしない答えだと思います。

 

小学生の時、フィリピンと日本のハーフの友達おったけど、

すごく人気者だった覚えがあります。

顔立ちがハッキリしていてかわいいし、

いつもポジティブだったし、

日本の習慣(例えば音を立てて食べないとか)ちゃんと理解してて、

自分のバックグラウンドをひけらかさないというか・・

逆にアメリカと日本のハーフの子はちょっとふざけてからかわれてた。

自分のバックグラウンドを彼女自身が

引け目に思っていたからだと思う。

 

”郷に行っては郷に従え”

ってことわざがあるように、

日本には日本人なりの生活の仕方

物の考え方があって、

すっごく面倒だけど、それが普通の社会的期待だと思う。

 

世界に出て気づくことは、

"Where are you from?"って聞かれるのなんて当たり前。

そこから話が広がるし、

もし現地出身だったら

オークランドだよ。あの公園の近くに住んでる」

なんて普通の顔して答えればいい。

私はオークランドにきて半年くらいしか経ってないけど、

シドニーに旅行に行った時こう答えました。

"oh well,, I came from Auckland, New Zealand, but originally from Japan."

(えーっと、、ニュージーランドオークランドから来ました。

でも、日本生まれです。)

自分的に日本を象徴するのは自分ではないと思ったので(笑)

 

正直、街中で中国語で話しかけられるとムカつくけど

"hahah! not everybody has flat face is Chinese!"

(はは!のっぺら顏の人が全員中国人とは限らないよ!)

とか言って笑って返せば何の問題なしです。

 

教会でクリスチャンかクリスチャンじゃないか聞かれて

クリスチャンじゃないって答えたら

ちょっと嫌な顔されるのなんて当たり前です。

でも"I'm interested in Christianity. My background is Shinto, though."

キリスト教に興味があるの。私は神道派だけどね)

とかって答えると、

"would you explain about Shinto a bit more?"

神道って何?)

とかって興味を示してくれる人もいます。

 

たまにキリスト教の概念を押し付けてくる人もいるけど。

 

マイノリティーとして偏見を与えないように過ごすのは

ちょっと難しいように思えるけど、

私はちょっとした反応の違いで解決できると思います。

 

 

 

英文記事はもうちょっと言い方厳しいですが、

バイリンガルさんは是非お読みください〜。

 

moeminn814kuis.blogspot.co.nz