ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

2ヶ月が経ちました

 

こんにちは。もえみんです。

 

I'm stuck..(壁にぶつかっています)

 

 

ニュージーランドに来てちょうど2ヶ月が経ちます。

2ヶ月で、何ができるようになったのか、考えてみようと思います。

というか、これから自分がどうしたいのか、考えてみようと思います。

 

 

この2ヶ月で、

いろんな国の人と友達になることができました。

 

特にドイツからの友達が多いです。

個人的にお気に入りの国なので、なんだか親近感が湧きます。

 

でも、彼ら彼女らは、いつもドイツ語で話していて何を言っているのか理解できませんでした。

 

そこで起こったのが泥酔救急車事件。

気づかないうちにストレスを溜め込んでいたみたいです。

 

そんで、友達を一掃しました。(言い方悪いけど)

ドイツ人の女の子で一人、とても仲良くしていた子がいたので、

ちょっとの間、恋人を失ったような気分に陥っていました。

 

 

ニュージーランド出身の友達が少しできました。

 

やっぱり言葉の壁は大きくて、

何を喋っても、相手が100%は理解できていないような気がして、

なんだか満足できないような気持ちになります。

ちょっとしたニュアンスも理解できなかったり、

文化の違いでぶつかったりもします。

 

 

この2ヶ月で、

英語のライティングスキルが劇的に伸びた気がします!

 

先日、お世話になっていた先生にメールを送ったら、褒めてもらえました。

 

接続後のバリエーションが増えたのと、

ストラクチャーがしっかりしてきたと思います。

 

 

でも、でも、

 

ライティングができるのにリーディングが未だに弱いです。。

 

個人的に新聞を読むのが好きなんですが、

アカデミックジャーナルと文構造が違うので、

レファレンスが付いていたらそっちも読んでみようと思います。

 

 

ピーキングも、、

まず話すという行為自体に抵抗を感じます。

 

発音とか、イントネーションとか、

自分がmiserableに感じます。

 

もっと話す機会が欲しいです。

なのでいろんなコミュニティに参加して、

いろいろ話してみようと思います。

 

 

ボキャブノート、

サボり気味なので、ちゃんとやります。

 

決めたことは実行しましょう。

 

 

基本的な生活面では、問題なく過ごしています。

もともとできないタイプではないので、

その点では問題ないかなと思います。

 

 

こうやってつらつらつらつらと過去を振り返って、

将来どうすべきかと考えるのが私の毎日のお仕事なわけですが、、

 

結構ストレスが溜まります。

そんな時に人に言われた言葉で、

あー確かに。と思ったフレーズを2つ紹介しようと思います。

 

ーIf you live in the past or future, you never live in the present.

ーYou are expecting too much too soon.

 

 

1つ目は、いつも過去と未来のことばかり考えてて、

例え自分の目標が叶ったとしても、

またその先の未来のために頑張ってるから、

いつになっても一段落の時間が来ない状態のことです。

 

よく言えば、計画性があると言ってもらえますが、、

 

でも、確かに、目標が達成して、やったー!!って喜ぶのはほんの数分で、

すぐに次の課題が積み重なっている状態で生きています。

 

「今」という時間でしか感じられない楽しさとか幸せがあるんですねきっと。

 

もう少し時間が必要です…

 

それから、2つ目は、

 

いつも完璧がゴールの私ですが、

完璧な人間なんて存在しないわけです。

人ができる範囲よりもできるようになりたい、

というのはいい心構えですが、

目標値が高すぎていつになっても

達成した気分になれない時に言われました。

 

 

 もうちょっとスローダウンしてもいいのかなと思います。

 

 

 

まとまらない文ですが、ここで終わりにしようと思います。