読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

在外選挙

お久しぶりです〜もえみんです。

 

2週間ぶりの更新。

ネタはいろいろあるのですが、まとめる時間がないです。

 

今日は在外選挙に関して書こうと思います。

 

 

1週間くらい前に日本大使館からメールがありまして、

 

海外在住中に選挙に参加するには、

在外選挙人名簿というものに登録しなければならないそう。

 

そのためには2−3ヶ月かかるそう。

 

参議院選があるのは6月か7月なので、今が登録時です!

 

 

ということで、大使館(総領事館)に行ってきました!!

 

 

ところが、、、

 

1年以内のSTUDENT VISAでオークランドに来ている私は投票できません…

 

 

なぜなら、、、

 

住民票を抜いていないから!

※1年以内の滞在であれば住民登録を外す必要はありません。

 

 

やっとハタチになって選挙権がある最初の選挙で投票できないなんて…

残念すぎます…

 

まあしょうがないですね。

 

 

住民票を事前に抜いてきた、という方々は、

ぜひパスポートを持って、最寄りの総領事館へ行って、登録を!

 

 

ニュージーランドでは、つい最近、国旗の柄を変えるかどうかの選挙が行われていました。

 

結果は、ユニオンジャック南十字星の柄のままがいいという投票が過半数を超えたため、変えないことになりました。

 

個人的にテレビや新聞を見ていて感じるのは、

「国旗は変えたほうがいいかもしれないけど、首相がキライ。or 新しい国旗がダサい。」

という意見が非常に多いです。

 

うーん。

客観的に見た意見だと、

変える側の意見の方が説得力があります。

 

たとえば、ユニオンジャック柄を排除したい。という意見があるのは、独立国として当然だと思います。

 

また、ニュージーランドは原住民のマオリの文化を将来に残していくための努力をしています。国旗にマオリの文化を象徴させた柄をいれたいというのも十分理解できます。

 

 

いつか変えたいけど、今ではなかった。

ということでしょうか。

 

 

こちらはあまりメディアの活動が活発ではないので、

情報を得るのに一苦労です 笑 

 

 

 

では、今日はこの辺で。