ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

限られたスペースに何を入れるか

またまたmoeminです〜

 

私が出発前にすごく悩んだことがあるので、

他の人の参考になるようにまとめようと思います!

 

その悩みとは、、

 

何が手に入らないのかわからない。

→何を持っていくべきか!?

 

 

 

私は服の他に、

 

ーティッシュ(2箱)

ーウェットティッシュ

ーノート(3冊)

ーある程度の筆記用具(はさみ、ホッチキス、のり、ペン、、等)

ーレンジでパスタ茹でるタッパー

ーレンジでお米炊くタッパー

ーご飯用のタッパー

ー小さいナイフ

ーコルクオープナー

ー大さじ小さじスプー

ジップロック(大2、小3)

ーある程度の化粧品(化粧水1ヶ月分、保湿クリーム、ファンデーション、眉墨、、等)

ー生理用品(2袋)

ーパソコン、ipad、電子辞書、カメラ

ー常備薬

 

これくらいかな。

 

この中で要らなかったのは、

ティッシュ、大さじ小さじスプーン、ジップロック、ご飯タッパー、生理用品ですね。

 

ティッシュと生理用品を何でこんなにいっぱい持ってきたのかというと、こっちのティッシュ・生理用品はゴワゴワと聞いたから。

 

実際、そんな変わりません。

 

※気になる人は気になるかもしれないけど、慣れます。

 

 

逆に到着後、すぐ必要になったのは、はさみ、ペン、化粧品

 

化粧品はこっちでももちろん買えるけど、日本に比べて種類がすごく少ない。

 

こっちの人は、ニキビ体質なのかな?

どの薬局やお店見ても、アクネリムーバー的なのばっかりです。でも、乾燥肌の私にとっては、スクラブやアクネ対策用品はもっての他。

 

オイル系の化粧落としを持って来ればよかったなと後悔しています。

 

ファンデーション(リキッド)も必要でした。

白人の人は根本的な色が違うので品揃えももちろん明るい色ばかり…

 

 

あと、スリッパやサンダル

 

大きすぎます。

(私=23センチ)

 

サンダルは必須なので、

キッズサイズの物を買いました。

 

 

水筒というか、お気に入りのタンブラーも持って来ればよかったな。

 

こっちでも手に入るけど、

来てすぐは、選んでいる余裕がなくて、

デザインとか考えずに買っちゃいました。

 

でも、毎日使う物だし、好きな物を持ちたい。

 

特にニュージーランドは、

自然保護地区に遊びに行くと何もない。

 

お店はもちろん民家すらないです。

 

もしあったとしても、水450ml、3ドル(日本円で240円くらい)もします。

 

日本にいるときみたいに、ジュース一本150円じゃ買えないので、節約のためにも、毎日タンブラーを持ち歩いてます。

 

(ちなみにニュージーランドは水道からの水も飲めます!

飲めない国に行く予定の人でも、学校や寮など、どこかに給水所があるはずなので、そこからもらう手があります!)

 

 

それから、目覚まし機能付きの時計

 

私はニュージーランドで一番人口の多い地域、オークランドに住んでいますが、それでも、家具類を手に入れるのは本当に大変です。

 

特に大変なのは、時計。

 

値の張るようないい時計なら簡単に手に入るのですが、

ハンディなものはなかなか見かけません…

移り住んで2週間が経とうとしているけど、

未だに見つけられていないです。

 

 

スタンドカレンダーも欲しかったです。

 

手帳は持ってきたのですが、

パッと見て予定を確認できるものがないと少し不安です。

 

初めてのことだらけで、

ひとつのことをやるのにいつもより時間がかかります。

 

日本との時差が4時間しかない国にいても、

今何月何日の何時何分なのか、わからなくなります。

 

それに、オリエンテーションなど、すぐに予定が詰まります。

 

しっかり管理するためにも、時間の感覚に慣れるためにもカレンダーは持ってきた方がいいです。

 

※こっちでも買えますが、マスにに自分で日付を埋めるタイプばかりです。

 

 

フラットヒールだけど、フォーマルなパンプス、ワンピースも欲しかったな。(これはオプションですが)

 

友達とディナーに行くとき、

パーティとかじゃなくても少しフォーマルな格好で行くのが常識のようです。

 

でも、オークランドは坂道が多い。。

そんなところをヒールで歩くのは無理です。

(実際ヒールなら持ってきていますが、使わないです。)

 

オークランドじゃないとしても、市内までご飯に行くとなると少し歩きます。

 

そんなとき、フラットヒールにすればよかったなあああと絶対思います。

 

ネイティブの子たちは平気で可愛いワンピースにスニーカーとか履いてますが、、笑

 

 

食品で手に入りにくいのは、

中濃ソース!

(ブルドックの)

 

ウスターソース(味同じだけど)もないです。

 

ただ、持ち込み可能かどうかは国・検疫官によります。

 

味噌や醤油は普通のスーパーマーケットに置いてます。

その国で生産されている可能性も大なので、

値段もそんな気にせず買えます。

 

 

ここまでダラダラ書いてきましたが、

まとめます。

 

必要だったもの

ーペン・ノート・はさみ

ーオイル系クレンジング(乾燥肌の人は)

ーリキッドファンデーション

ースリッパ/サンダル

ーお気に入りのタンブラー

ー目覚まし機能付きの時計

ースタンドカレンダー

ーフォーマルだけどフラットヒールの靴

 

 

不要だったもの

ーティッシュ

ー生理用品

 

 

 

何か書いて欲しい題材あったらコメントください〜。

 

ではでは、

GOOD NIGHT!