読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

日本で使っていたスマホの行く末。

 

最近「ケータイ」って昔の言葉なんだなあって気づいたMoeminです。

今の団塊の世代でいうポケベル的な。

 

やっと20年生きて培ってきたボキャブラリーが・・・

と考えるのは私だけでしょうか。笑

 

さて、

 
 
実は、私の兄も8年前に留学していました。

(ベルギーに)

 

兄の時代はケータイ代なんて、月2000~3000円だったので、

新月まで待って、母が代わりに解約してました。

 

しかし、、スマホは高い、、!

 

私は安い方だと思いますが、月5000円前後です。

 

 

明後日から使わなくなるのに、更新月は8月。

新月まで待ったら、約35000円かかります。

 

 

 

そこで!

 

私は解約ではなく、

「電話番号一時利用休止」という形にしました。

 

 

auの場合、

 

解約金の9500円+税    よりも

 

事務手数料 2160円と

月(375円+税)×11ヶ月

 

(=6555円)

 

払ったほうが安いし、

帰国後今までの番号をそのまま使えるので

 

こっちの方がお得です。

 

 

ソフトバンク

事務手数料が3000円で、月々390円

 

解約金 9500円+税

(料金プランにもよる)

 

 

ドコモは

事務手数料1000円で

月々、電話番号分300円、オプションでメールアドレス分100円

 

解約金 9500円~

(料金プランや使った月数による)

 

 

3社とも最長5年間保存してくれます。

 

 

auであれば 20ヶ月まで

 

SoftBankなら 18ヶ月まで

 

docomoなら 30ヶ月まで (電話番号だけで計算)

 

 

解約するよりお得です。

 

 

留学や 短期間の単身赴任で

日本で使っていたケータイが不要になるという方は

こういった手続きもあるので参考にしてくださいね。

 

 

 

出発まであと2日!

 

 

参考

 

www.nttdocomo.co.jp

 

www.softbank.jp

 

www.au.kddi.com