ブログタイトルどうしよう 〜就活奮闘記。〜

自分が自分らしくいられる場所を探し求めて、三千里。地球の南端国(?)ニュージーランドから、ひとり言をお届けしております。

"I'm depressed." I said, and here's how my male boss reacted.

 

 

When I've told my male boss that I have a mental instability, the first he asked me was "Do you have a monthly period?".

 

f:id:moEmiHaena814:20171007222140j:plain

 

I was shocked, by the insensivity and the attitude just like he knows everything.

That can be a sexual harrasment, but also it's a mental harrasment.

 

Well, I don't know why that  happened because I showed him the medical certificate that my doctor writes for me not to work too much and to have a little excuse in case I can't really go and work.

 

Next, he asked me "Did you have a bad experience in the past?"

I only said "No" with my blank face, but inconfidently.

 

 

I have counselling every other week.

We explore how come I became depressed.

While talking to her, I'm always crying, but after that, I just want to be back as a normal Me. However, sometimes, I just CAN'T. 

Please forgive me, when my eyes got red, I might not be able to have a nice conversation with you.

But it's not your responsibility to cheer me up.

I only wish people never mind that, and have a normal conversation.

If that's in person between me and you, then I wish you to be just as normal as another day.

 

 

The other day, he asked "Did you take the medication?"

Because I was  annoyed and probably was painting on my face saying "I'M ANNOYED".

That wasn't because I didn't take the medication, but because he annoyed me.

Depression at most of the time, does not have a serious big factor, but many a little makes a mikle.

I am also a human - I get angry, sad, and sometimes happy.

Don't shuffle your responsibility with my mental illness.

 

Yes, I sometimes need medication to back calm down. Otherwise I could keep crying all day on my bed.

I take them, when I need them. When I don't need them, I dont. Because bipolar is difficult to be on one medication.

If I take them when I'm ok, I feel like I'm not Me.

So we have to keep looking, whether I'm on the stable lap or depressed or high tension.

If I take the anti-depression medication when I'm depressed, the side effect is that I could be very agressive, easily to get angry and too excited.

 

 

Please, do understand me, no one out there cannot heal me, nor even hurt me more, because this is a pain in deeeeeeeep inside of my brain that my memory keeps hurting itself.

It isn't easy to just stop having the traumas and PTSD.

Sometimes I just need time to process things going on in my brain.

 

There's my hope; one day, people would be more torelant with this issue. At this time, I feel, people are almost allergic to the mental illness. A lot of people don't even know how to react to it.

I think, (though not for every depressed one), it's ok to let them be alone for a bit when they need time. But it's not ok to treat like an abnormal.

It's ok to let them be depressed cause it's like a flu. The fever is to kill the virus, isn't it? But it's not ok to dig it up and say "see, this is what you are struggling with." because we already know it at most of the cases.

 

If they needed to talk about it, they would open their mouth to the trusted person. So if you are the trusted one, please do not close your ears just because you don't know how to solve the problems. Just LISTEN. It's ok to speak nothing. We do not need your words or resolutions, but ATTENTIONS.

 

7th of October, 2017

Moemi

 

"I can't speak English." criticism

"The very only English phrase you should never say to anyone in the world"

 

I see so many Japanese saying "I can't speak English", probably means more like "I'm not good at speaking English". That possibly has been led by the cultural factor like being moderate. However, imagine when you encounter someone who's saying "日本語が話せません",,, would you like to talk with them more? I reckon most of the readers of this blog will say "NO", right? If you are really keen to talk to the person, or in a negotiation-based task, you may have to talk to the partner, you have to show your passion for keeping the conversation.

 

So what should we say? I personally think that we don't have to say "I'm not good enough" because it doesn't matter, as long as we can communicate. Communication isn't composed of not only verbal language but also visual and most importantly the 'will' to be understood.

 

Last week, I happened to attend a seminar as one of the interpreters the other day, and I found so frustrating to just oversee how much the Japanese are taken advantages of due to the lack of communication skills. Japanese negotiators are just responding to what the agents have to offer, not demanding anything.

 

One of the coloured pictures of the experience in the seminar was that the time a high school executive in Japan was talking to the agent that is taken charge of the international students' programs all over the country of New Zealand. The Japanese high school probably wanted to send a huge number of English learners in a variety of level to NZ College, and they wanted to do the selective exams according to their policy. But, alter all, she just flowed from the opposition's opinion and didn't get anything out of the negotiation. From my observation, the opposition party couldn't come to the decision because he didn't get what the executive wanted. 

New Zealand. The Japanese high school probably wanted to send a huge number of English learners in a variety of level to NZ College, and they wanted to do the selective exams according to their policy. But, alter all, she just flowed from the opposition's opinion and didn't get anything out of the negotiation. From my observation, the opposition party couldn't come to the decision because he didn't get what the executive wanted. 

From my observation, the opposition party couldn't come to the decision because he didn't get what the executive wanted.

 

The other negotiator came to me and said: "We are doing this, but I want this, would you translate and tell him that?"

That's the right attitude I thought. And that is so I tried my best to tell the passion toward getting the agreement between the agent and the school in Japan.

 

It is totally fine not to be able to speak English well, but what you need is the positive attitude and 'will' to make the agreement 'win-win' situation. It doesn't really a big problem whether you have the interpreter or not. All you need is to talk with a full intention.

 

What I who is barely 22 years old want to say to the older people

全国のおじさま・おばさまへ
私は若いことを誇りに思っていて、若いからこそのエナジーや猪突猛進感を大いに活用して突き進んでいるつもりです。22歳で誰よりも成熟した考え方をもったり、それを実際に行動に移したり、ということは期待もしていないですし、実際に早く世間を知りたいと思ったところで、急に明日わかるようになるわけではありません。みなさんが、今まで時間がかかったように、私にも時間が必要で、もしかしたら20年後、「ああ、あの頃は若くて失敗ばかりしていたな」と思い返して後悔するかもしれません。でもそれが悪いことだとは思っていません。人間誰しも間違いがあって、そこから学んで、生意気な時期を乗り越えて、自然と八方美人になれるようになるんだと思います。私はまだ、学びの途中で、急ぐ必要も感じていません。ゆっくりじっくり時間をかけて、少しずつ大人に近づけば良いと思うのです。だから、急かしたり、誰でもわかってるようなことをあえて言わなくても、わかっているので安心してください。みなさんが思っているほど私たち20代前半、特に就職前の学生は、バカじゃない。ただふざけて笑ってるだけじゃなくて、ちゃんと世間を見て成長しています。いちいち言葉で言われるよりも自分で体験した方が説得力があるということは、きっとご自身も感じてきたことでしょう。
 
Dear all older people who are like twice as old as me,
 
I'm proud of myself being a young girl who might be silly, just like you are proud of yourself being old enough to critically see the world. I have distinct energy and courage to make mistakes, but learn new things at the same time. I'm not expecting myself to be really matured in my 22nd year of life (which is probably like 20% of my life still) and to act like a real adult. I wish I could, but you know we can't be matured by tomorrow no matter how much we try. Maybe we might regret what we did in the future when we' re like 40th but I don't think it's truly bad. Everybody makes mistakes, and everybody has a little time when they are insanely rude, but we will eventually learn how we want other people to see us. I myself am still in the process of learning, and not necessarily in rush. I think it's ok to take time just like my older friends did. Therefore, please do not push me in rush. Please do not tell me off because I've probably noticed what you might say it's good or bad, but I just need time to process. I am NOT that stupid as you might think of me or young generations especially new graduates. You probably know more than me how that feels: no matter what we hear, it doesn't really change us. What can cause us to change is just experiencing.
 
Warm regards,
Moemi
 
 

大きなことをしなくてもいい

 

こんにちは。もえみんです。

ブログ開設から1年が経ちました。

いつも読んでくださっている方、ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

 

ブログを設立した時は、友人の影響を受けて「ブログで稼ぐのもありかもしれない!」とかいろいろ考えていましたが、いま思ってみれば自己満で書いているので、実現する余地もなく、一周年を迎えました。

 

さて、今日のお題は、「何を成し遂げるか」です。

 

f:id:moEmiHaena814:20170206150757j:plain

大学4年生って、高校からの飛躍的な成長、社会に対する意見の確立を果たして、なんだか、「俺ってなんでもできそうな気がスル!!」と思ってしまいがちですが、

人間、そんなにでっかいことを一発やることを望むよりも、コツコツ積み上げていくものだと最近しみじみ感じております。

 

自分のすべてを犠牲にしてまで、「誰かのために」働くことができる人は少ないと思います。(少なから

 

ず自分には無理)

 

自分の人生を犠牲にしてまで、「自分の名声のために」働くことができる人もまた少ないと思います。(自分には無理)

 

 

まわりの大人を見ると、勇気がわく。でもそういう人たちも22歳の時は何も持ち合わせていない私たちと同じ若者だった。

 

いろいろ凄いことをやってきた人たちを見ると、

「かっこいいな〜」私もそうなりたいな〜

と感化されることってよくあると思います。

 

それはそれでとてもいいことなんだけれど、

なりたいからって頑張ったところで、その人みたいに大きな人間になれるかはわからないのです。

 

お金・名声・自由・仕事・家族・・

自分が欲しいものを持っている人はかっこよく見える

でも、すべて得るためにその人たちは急に30代・40代に飛び級したわけじゃない。

 

夢はかわるもの

 

小さい時に、ウルトラマンになって世界を救いたいって言ってた男の子が、

22歳、大学卒業前になってもまだウルトラマンになりたいという人は少ないと思います。

 

という仮定話がちょっと幼稚すぎるけど、

会った人・見たこと・聞いたこと・経験したことが、

人生を大きく変えるのです。

 

それは全然悪いことじゃないのです。

 

もちろん、やりたいことが変わったら、

ある程度フィールドの似た職業に転職したりするのが

手っ取り早いですが、

やりたいと思うならまったく違くてもいいと思います。

 

国連大使にならなくても良い

「将来何をしたいかな〜」と考えている時に、

国連で働いて、難民を助けたい、とか、

大使館で働いて、移民の手助けをしたい、とか、

なんだか人を助ける大きな仕事をしたいと強く感じます。

 

でも、人間一人ひとり、何をしていても価値があると思います。

 

個人的に、ストア(飲食や物販)の店員だけは将来やりたくないですが、

日曜日働いている彼らも、お役所で働いている人と同じように尊敬されるべき。

(彼らがいるから私たちは日曜日に楽しいランチができる!)

 

 

要するに

 

有名になって周りに「わ〜もえみんってかっこいい」って言われるのが生きる目的というのは、個人的に乏しいなと思います。

 

じゃあ、自分は何をしたいのか?何ができるのか?を探すにはどうしたらいいの?と思うかと思います。

 

就活は、そんな簡単じゃありません。

(みんな知っての通り)

 

「あれをやりたい!」と思っても、その仕事につけるかなんてわかりません。

 

現実的に、夢は大きくていいと思いますが、

自分を犠牲にする必要はないのです。(したい人はどうぞ)

 

なので、個人個人の目標設定は、職業でなく、もらったお金をどう使うか、どこで生きるか、誰と生きるか、が一番のフォーカスであるべきだと思います。

 

個人的には「もらったお金をどう使うか」が一番大事なので、その辺に関してもっと考えようと思います。

 

 

結果を出すということ

こんにちは。もえみんです。

 

いろいろと考えることが多い今日この頃なのですが、

最近年上の人とお話しさせてもらうことが多いので

そこで考えさせられたことをまとめようと思います〜。

 

 

出る杭は撃たれる

 

日本文化だけではなく、アジア圏、ヨーロッパ圏でも、

出過ぎる杭は打たれるものです。。

 

仕事に関してだけではなくて、

 

私の友達の中には結婚を間近にして女性友達に何か言われ、

挙式もハネムーンも全てキャンセルした、という人がいます。。

 

女性同士で結婚前に愚痴言いあったら、

嫉妬している他の女性は悪いように仕向けるのか

少し未成熟さを感じましたが、、

 

まあまあ、何にしても、自分が欲しいものを持っている人を見ているというのは

嫉妬を持たずにはいられないというのが人間の常なのですね。

 

結果が全て

 

f:id:moEmiHaena814:20170201054127p:plain

 

 

残念なお知らせですが、

多くの人は「過程」を気にしてくれません。

 

でも、過程が一番ドラマティックで、かっこよくて、

汗水流して頑張ったという部分…

 

残念でしょうがないですが、過程でどんなに頑張ったって、

結果が出なければ、その辺のぷらぷらしてきた人と同じように扱われるのです。

 

特に若いうちは、

「留学しました〜」

「海外インターンしました〜」

と言っても、

「そこで何を成し遂げたのか?」

「何を得たのか?」

という部分が注目されるのです。

 

「在学中に起業しました〜」

というのはとても聞こえがいいけれど、

売り上げが伸びていない、

マーケティングが甘い、

という結果であれば、

「あ〜まあサークルやるような感じで起業しちゃったのね」

と言われ兼ねないのです。残念なことに。

 

すごくもどかしいのは、

1年間海外で勉強してきた私には

「これ」と言った目に見える成果がないこと。

 

英語が堪能になったこと、

いろんな人と出会って聞いて話して、精神的に成長したこと、

様々な問題を自分で解決してきたこと、

海外で仕事をしてきたこと、

 

これらは、「過程」であって、「留学の終わりが結果ではない」という現実が立ちはだかっているのです。

 

では、何が結果にあたるのか?

 

そんなこと言ったら、「結果」なんていつまで経っても成り立たない〜と、ダークサイクルに飲み込まれている私です。。

 

でも、例えば、私だったら、IELTSとかTOIECが目に見える英語の評価なのかな、と思います。

 

先日、東京都の教育委員会の英語担当の方とか、JTBの教育旅行担当の方とかまあいろいろな人がオークランドに来て、大学や高校を視察して回っている中のミーティングに参加させていただいたときに、

 

「お〜!!」と言われたのは、留学前に取ったTOIECとIELTSの点数だけでした。

 

他に発言させてもらったのは、ピアメンターというティーチングメソッドやSelf Access Learning Centreの普及と研究の促進に関してですが、若い私が説明しても、あまり興味を持ってもらえずに終わりました。

 

特に女性は、「だから何?」という感じで流そうとしている雰囲気がとてもツラかったです。汗

 

それもそのはず、Peer MentorもSelf Access Learning Centreも、結果ではなくて過程を後押しする場所であって、そのティーチングメソッドの結果が私であって、その結果はIELTSのポイント等でしか見れないのです。

 

それから、私の友達はカーレーサーなのですが、

彼にとっての「結果」は「勝つか負けるか」で、

勝ってきたから彼は尊敬され、

彼のビジネスとしてレーシング学校が儲かるわけで、

儲かれば儲かるほど、それも結果として上乗せされるわけなのです。

 

勝ち負けがない職種の場合は、

  • 売り上げが伸びた
  • 任されていたプロジェクトを成功させた
  • 誰かを助けた

などが結果に当たるのです。

 

 

だから何って?

 

要するに言いたいことは、

「これをやってきて〜あれは大変で〜はははこうやって乗り越えたさ〜」

というのはただの自慢話であって、

それで嫉妬を勝っても自業自得なのです。

 

自分は、「へ〜もえみんってすごいね〜」

って言われるのが高校の時から嫌いだったのですが、

同じ目線で見てくれる人とシェアしあうのは大好きです。

なんか二つの人生を一気に体験している気になります。

 

個人的にシェアは悪いことじゃないし、自慢するわけではなくて、

私はこうしてきた、私もこうしてきたよ、あ、じゃあ自分のしてきたことは正しかったんだ、というような気づきのプロセスの方法としては大事だと思います。

 

私は、一人で考えることも好きだけど(書いてまとめることが好き)

書く前にたくさんの人と話して、自分の中で結論を整理したり、

他の人の意見を聞いて、「あ〜こうかな、やっぱりあーかな?」と振り返って見ています。

 

まとめ

 

中には30代、40代だから、(年上だから)という理由で、「結果を出してから発言しようか」となだめてくる奴らがいましたが、「お前に言われたくねー」というように反発してきました。

自分の中で本心から納得できる結論に至るまでかなり長い時間を要しましたが、身近な信頼の置ける大人たちが身を持って今日書いた事を示してきてくれた事にとても感謝しています。

 

ありがとう、結果を出してきた大人たち!!

 

ということで、出る杭は打たれますが、結果を出せば出っぱなしでいいのです。

 

もえみんでした。

 

新しいキャリア選択

 

こんにちは〜。

もえみんです〜。

 

将来の事をいろいろと考える時期なのですが、、

 

Immigration Policy(移民法)が一番今ホットなトピックで(自分の中で)

将来的には大学院に行って日本の移民法とか難民の受け入れに関わるストラテジー案を研究したいのです。

 

そんなこんなですが、

今まで自分が何を勉強してきて、何が自分を刺激してきたのか、

という点に焦点を当てて、新しい可能性について話してみようと思います。

 

もともとは国際平和論を勉強したくて大学を選んだ。

今もどこか地球の裏側で戦争が起きていて、たくさんの人が犠牲になっていると考えるだけで寂しくなります。

もともとは、国際平和論・戦争解決ストラテジーに関して学びたくて、旅行系の専門学校進学を高校3年の11月に決まっていたにもかかわらず大学受験を決めました。

 

その時に自分の中で何が起きていたのかは忘れてしまいましたが、とにかくもっと世界の事を知りたいと思ったのだけは覚えています。

 

自分が知っている世界があまりにも狭すぎて、

自分が価値のない人間にでもなったかのように感じたのだと思います。

(私、そういう人間です。)

 

世界が開けた大学一年目

大学での必修科目で学ぶ、目に見えない「戦争」はとても興味深く、自分の普段の行動をも変える大きなきっかけとなりました。

 

たとえば、コーヒー1杯飲むにしても、コーヒー農園で働く人の暮らしがより豊かになるようにと考えて選ぶようになりました。

 

また、英語が堪能になった事から、「私なんでもできるーー」と思うようになっていました。

 

勉強に関しては、とにかく興味のある講義を履修しました。

でも「あートピックは面白いのに、授業のやり方がつまんなーい」というクラッシックな大学生モードで勉強していたので、得るものも少なく終わってしまいました。

 

ジャーナリズムとの出会い

たまたま尊敬する教授3人が、毎日新聞のデスクだったり、ジャーナリストとして活躍してきてよく世界的なパネルディスカッションに参加している人だったので、なんとなくカッコイイ職業だな〜と思うようになりました。

 

それで、メディア・ジャーナリズム・法律・政治系の授業を中心に履修して、もっとアイディアを広げようと試みました。

 

それから、大きな転機としては、ジャーナリズムを学べる大学に留学することが決まったのがこの時期でした。

 

そんな中、ジャーナリズム英語という選択必修の授業で、国境なき医師団についてレポートを書いたのですが、国境なき医師団って、医師が立ち上げた団体じゃなくて、ジャーナリストが戦場の状況を安全に報道して、かつ戦士たちを公平に治療してあげられるように立ち上げた団体という事を知りました。

 

「わたし、手術して怪我を治してあげられないけど、

言葉で伝える事によって誰かを助けられるかもしれない!」

 

という歓喜に襲われたのです。

 

ニュージーランドに留学 日本との差

ニュージーランドに来て、とても素敵だなと感じるのは、

人が支え合って成り立っていて、

必ずしも利益目的じゃない。

 

ということです。

 

たとえば、ローカルはできるだけ地産地消を心がけるし、フェアトレード商品も多いし、ちょっと値が張ったとしても、労働問題にちゃんと向き合っている企業の服や商品を買うという傾向があります。

 

一方で日本は、「自分のお財布に影響なければそれでいい。」というような

自分の利益中心の考え方がまだ強いと思います。

 

でも、もともと人と人は尊重しあってこそ成り立つはずの

グローバル社会ですよね。

 

そういった傾向を自分にも適応したいと思うようになりました。

 

 

それから、一番大きいショックは、移民法や難民政策に関してだと思います。

 

アイディアを取られたら嫌なので、詳しくは控えますが、

その辺に関して、日本で卒論を書く予定です。

 

それから、大学院でもっと研究をしたいと思い始めました。

 

あたらしいキャリア

ニュージーランドに来てから、弁護士になりたい、というか、法律系の仕事が向いているなと思うようになりました。

 

個人的に、自画自賛かもしれませんが、物事をマニュアル通りに、合理的に、かつロジカルに考えるのが得意なので。

 

それから、移民関連の仕事をやってみたいな〜と思って、

ニュージーランドの移民局のインターンがないか調べたのですが、

法学を勉強している人じゃないとできない、ということを発見。。

 

結局最低でも法学の学士号を取らなきゃなと思い知らされました。

 

それから、自分が仕事環境とかでよく問題に巻き込まれることが多いので、

そういう人たちを助けられる仕事がしたいなとも感じます。

 

それで何がオプションとしてあるのか

 

大学院で勉強したいと言っても、

大学を卒業してすぐにできるわけではありません。

(お金がない。もう”奨学金”という名の借金は欲しくない。)

 

なので、自分の中で、何を卒業後にしようと思っているか、を挙げると、

  • NPO/NGOの広報で働く IN JAPAN
  • 在外公館派遣員として2年間移民法の勉強+インターン IN SOMEWHERE around the world
  • 留学関連の仕事を続ける(ライター・エディター)IN JAPAN

 

上のどれかがオプションだと思っています。

 

どれも今まで自分が勉強してきたメディアとジャーアナリズムの知識を生かせる+移民に関われるという前提です。

 

前までは、最後の大学生活、ちゃんと勉強したいから就活はしない〜

とりあえずニュージーランドに戻ってきてワーホリする〜

と考えていたのですが、

 

とにかく「とりあえず」っていう言葉が嫌い。

 

理由がなければやらない。シンプル。

 

それで2〜3年間お金を貯めて、どこかで移民について勉強できる場所を探そうと思います。

 

友達がたくさんいるニュージーランドに帰ってきたいけど、

もともと彼氏いない歴〜年なのは、

「人に流されて自分のやりたいことをやれないのはやだ。」

なので、友達を理由にしてニュージーランドに戻ってくるのはなんだか説得力不十分。

 

 

ということで、自分がこの3年間で何にインスピレーションを得てきて、

これからどんな道に進む可能性があるのか、ということに関してまとめてみました。

 

大学4年生になる読者の皆さんで、「自分何したいんだ〜」と悩んでいる方も、

ブレインストームの参考にしてみてください。

 

私は毎年こうやってます。↓

f:id:moEmiHaena814:20170124140432j:plain

 

 

留学コラムも併せてお読みください。

 

schoolwith.me

 

 

ガチで落ち込んでいる人に言ってはいけないフレーズ集

 

こんにちは。もえみんです。

 

先週の仕事で一役買っていただき、

お財布に潤いが増している今日この頃です。ふふ

 

今のところライティングのお給料は全体の四分の一程度ですが、

なんとか100%自立することに成功しました。yay

 

何をしているか、何を得たかについては、いろいろまとまってないので、もう少し温めたいと思います。

 

f:id:moEmiHaena814:20170119184450j:plain

 

今日は、「落ち込んでいる人に言ってはいけないフレーズ集」をまとめます。

 

最近、また新しい部屋探しをしなくてはいけなかったり、いろいろ相談しようと思っていた相手が自分のことで精一杯で聞く耳を持てなかったり、(昔からそうだからどうでもいいけど)、なんか他人に別に大変な訳でもないのに勝手に同情の目で見られたり、etc

 

ひとつひとつ挙げていくと終わらないのですが、

とにかく、いろいろ個人的に他人からpityを感じる今日この頃、、、

特に傷ついたフレーズ集をまとめます。

 

1. わかんない。

 

I feel you.(お察しします)くらい言ってもよくね!?

って思います。

 

2. みんな同じくらいツライ

 

でもさ、人間誰でも「自分が世界で一番哀れな人」で思っちゃうときがあると思います。

 

誰だってだいたい同じレベルのうつ状態まで達するんだろうけど、でもそんなときに「みんな同じくらいツライからって自分は弱音を吐いちゃいけない訳?それくらい普通だ我慢しろって言っているようなものではないか。」と感じてしまいました。

 

 

3. 私もつらい時期だから一緒にいない方がいいと思う

 

言わなくてよかったと思います。

っていうか、自分がつらい時期かどうかなんて他人がが決めることじゃないと思います。

 

 

4. ポジティブになろうよ

 

いや、慣れてたら苦労しないって。

ってか無理やりポジティブになろうとしたって、何にもすっきりしないし、解決もしないし、、たまにはしっかりと現実に向き合うべきだと思います。

 

5. それは間違いだよ

 

それは間違いかどうかの価値観は人それぞれであって、

different(私の考えとは違う、私ならこう考える)っていう言葉が最適だったと思います。

 

 

6. NO

なんだろう、はっきり「いや、お前だけじゃねーし」「ポジティブになれよ」的な言い方じゃなくて、「わたしもそういうことあったから気持ちわかるよ。わたしはこう考えたよ。」っていう言い方がしっくりくると思います。

 

欧米でうつ病とかのカウンセリングしたことある人はわかるかもしれないですが、カウンセラーは基本的にアドバイスはしません。

 

何をするかというと、個人が個人の方法で、何が自分に起きて何が辛かったのか、何で抜け出せないのか、という思考整理の手伝いをしています。

 

自分に自信があるのはいいけど、人に押し付けてはいけないと思います。

自分に自信がなさすぎて、「わたしにはわかんない」って100%他人事にするのもなんだか冷たいと思います。

 

かと言って、プロのカウンセラーみたいになる必要はなくて、辛そうな人がいたらいつも聞いてあげる準備をしておけばいいのだと思います。

 

 

もえみんでした。